Chronological table


1950年代半ば鈴木誠一、久保3兄弟の靖夫、寿夫、和夫らが集まり、城北ライダースを結成する。
1956年埼玉県朝霞で開催された『日米対抗スクランブルレース』に参戦。
1958年浅間高原自動車テストコースで開催された『第1回全日本クラブマンレース』に出場。
1959年第1回の『全日本モトクロス大会』で城北ライダースがクラブ優勝。
1960年同年の秋に開催された『第3回全日本モトクロス大会』に鈴木誠一、久保寿夫・和夫、森下勲、松内弘之という強力メンバーで参戦。兵庫レーシングにさらわれたクラブ優勝旗を取り戻す。スズキのワークスチームとして契約。以降、全日本モトクロス大会で連覇を重ね、最強チームの名をほしいままにする。
1962年スズキのワークスライダーとして鈴木誠一が『ロードレース世界選手権(WGP)』に参戦。
1964年群馬県相馬ヶ原で開催された『第1回モトクロス日本グランプリ大会』で久保和夫が125ccと250ccの両クラスを制覇。
1965年久保和夫が日本人として初めて『モトクロス世界GP』に参戦。『第2回モトクロス日本グランプリ大会』で菅家安智が90ccクラスを制する。
1968年鈴木、久保靖夫と和夫らが東名自動車を立ちあげ、4輪に転向。矢島金次郎が城北ライダースを引き継ぎ、本拠地を調布に移転。
1969年矢島金次郎が全日本モトクロス選手権(セニア125)でチャンピオン獲得。
1971年矢島金次郎が全日本モトクロス選手権(セニア125)でチャンピオン獲得。
1980年村上恒誓がチームを引き継ぎ、城北ムラカミでチーム運営がされる。高田寛、星野春男、吉友寿夫といった国際A級ライダーを輩出する。
2008年城北ライダースのレース参戦50周年を迎える。
2012年久保靖夫の二男、亨がチームを引き継ぎ、新しい代表となる。

最新ニュース

  • 2017年!!

    2017.12.31

    今年も1年城北ライダースを応援ありがとうございます。 数時間で新年がやってきます、来年も今年同様皆で色んなレースに出場したいと思います。 よろしくお願いします。 良いお年をお迎えください!! ・・・
  • 訃報

    2017.09.15

    城北ライダースの創設メンバー、久保壽夫が2017年9月13日午前10時30分頃永眠しました。享年80歳。城北ライダース創設に携わり、その後にライダーとしても活躍。豪快な走りに定評があったライダーでした・・・
  • 2017年全日本スノーモービル

    2017.02.08

    2017年も早々始まりますレースです。 今年も城北ライダースより、スーパーAクラスに参戦します、阿久津成一選手です。 2月5日に開幕戦です、この大会より1か月間連続で開催されます。 長野県黒姫高原スキ・・・

城北ライダース fb SSKUBO